国内旅行は意外に高い?知って得する国内旅行情報

自分で作り上げるオリジナル旅行

国内旅行をする際には、海外旅行と違って言葉も通じますし、どこへいってもだいたいの作法は同じです。ですから、旅行会社などに赴いて、その旅行会社の推薦する旅行に参加するのも楽しいですが、できれば自分なりの「オリジナル旅行」を作りあげてみるのも良いことだといえます。 最近はインターネットなどで、国内旅行の格安航空券も手に入れることが簡単になりました。国内旅行で何といっても、一番の出費になるのが、この交通費ですから、自分で格安航空券を手に入れて、自分の好きな場所へ旅行することができるのであれば、この方法が一番気兼ねなく、自分らしくできる国内旅行になります。

また、各航空会社が設定している格安航空券の発券時期は、前もって予告されるようになっています。もちろん、国民の多くが休む時期である、お盆やお正月、そしてえゴールデンウィークなどは、各航空会社の稼ぎ時になりますから、なかなか格安航空券を使った「オリジナル旅行」をすることはできません。 しかし、一般的に学生の方や勤めている方が忙しくある時期には、旅行者が少ないため、各航空会社が格安航空券を発行して、なんとか飛行機の利用者数を高めようとするのです。目ライ目はこの時期です。安い航空券は、日頃の飛行機代の半額の値段になったりしますから、この時期に旅行をすることができるのであれば、とても格安に自分の好きな場所に旅行することができるようになります。

また、格安航空券はインターネットなどで予告なしに、突然タイムセールを始めることもあります。ですから、自分が旅行に行きたい場所があるのであれば、いつもインターネットで検索をかけ、気にしておくことができます。 この方法で旅行することができれば、とてもお得に旅行を楽しむことができます。また、格安航空券で浮いた分のお金は、現地でもっとおいしいものを食べることに使ったり、日頃なかなか できない事柄にチャレンジするための資金として使うこともできるでしょう。

国内旅行 格安航空券の歴史と展開

最近では、国内旅行 格安航空券というのがずいぶんと普及してきました。 従来は、大手航空会社しか就航していないという時代があり、そんな時代には格安航空券どころか、航空券価格は高止まりしていたのです。 1990年代後半になり、一度格安航空会社が就航しましたが、それでも強固な大手航空会社の壁をなかなか崩すことはできませんでした。 しかし、2010年代になると様相は一変します。 2012年に、相次いで3社の格安航空会社が就航したのです。 2012年を、「LCC元年」といっているところも多いです。 3社のうち2社は、外資の航空会社で、もう1社は国内の航空会社でした。 これによって、旅行者も国内旅行 格安航空券の選択肢がいっぺんに増えてきたということになります。 これまでは、東京から北海道まで往復するのに50000円程度はかかっていたものでした。 利用者も、それを当然のように受け止めておりました。 しかし現在では、同じような路線でも10000円でおつりがくるくらいの値段になっているのです。

格安航空会社の航空券は、確かに値段的には魅力的です。 しかし、とくにお年寄りにとってはその予約方法が分かりにくいものでした。 格安航空会社の航空券は、インターネットから予約をするのが一般的です。 お年よりはインターネットをなかなか使いこなせないので、これまではほしくても手が出せないような存在でした。

しかし最近では、格安航空会社の航空券を取り扱っている旅行代理店も増えてきました。 やはりお年寄りにとって、じっくりと相談しながら購入できる代理店の店舗というのは魅力的です。 さらに、そんな旅行代理店では、格安航空券を使った新たな商品も開発しております。 それは、格安航空会社の航空券とホテルを組み合わせた商品です。 この組み合わせを使えば、東京から出発する北海道1泊2日の旅行も20000円を切る価格で販売されております。 30000円はくだらないといわれたこれらの商品も、格安航空会社を使うことで一気に価格破壊が進んでいるのです。

やっぱり冬は温泉!おすすめの国内旅行先

もうすぐ冬本番ですね。 学生の方は冬休みにはお友達や彼氏と旅行に行く計画を立てている方も多いのではないでしょうか。 また社会人の方も、年末年始に国内旅行をしたいなあ、と計画中の方もいらっしゃるでしょう。 やっぱり冬といえば、温泉!ですよね。 あたたかいお湯につかって身も心もリラックスして、一年の疲れを癒しちゃいませんか? 私が今まで行った中でおすすめの温泉をいくつかご紹介したいと思います。

まず、おすすめしたいのが和歌山県にある龍神温泉です。 アクセスがあまり良くないのが難点ですが、なんと言っても「日本三美人の湯」の一つに 選ばれている、素晴らしい泉質を一度は味わっていただきたいと思います。 泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)です。 アルカリ性なので、肌の余分な汚れを落としてくれるため、肌がツルツルとして、 しっとり感があります。 大変良く温まり、特に冷え性、神経痛、肩こり等にも効果があるそうです。 おすすめの旅館は「旅館 上御殿」です。 純和風の旅館で、冬は露天風呂から雪景色を楽しむこともできますし、貸切風呂もあります。 またお料理がとてもおいしかったです。 山の幸と清流でとれた川魚などを美しく盛り合わせたお膳で、日本人に生まれて良かったなあと 思うひと時を味わえました。

2つ目におすすめしたいのが、鳥取県にある三朝温泉です。 こちらは全国でもめずらしい放射能泉です。 放射能と効くと身構える方もいらっしゃるかもしれませんが、 こちらの温泉はラジウムが分解されて生じるラドンという弱い放射線が含まれており、 身体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まる効果があります。 この効果をホルミシス効果といい、癒しの温泉と呼ばれているそうです。 さらに湯気に含まれるラドンガスを吸うことで抗酸化機能が高まり、アンチエイジング効果も 期待できるそうです! おすすめのお宿は「旬菜の宿 いわゆ」です。 大正ロマンあふれる館内の雰囲気も素敵ですし、お値段もお手ごろです。 また、時期的に日本海のカニを楽しめる季節ですので、夕食にカニ三昧コースというのも 良いですね! いかがでしょうか。温泉の効能で体をリフレッシュして、新たな一年を健康に迎えてみませんか?

© 2013 国内旅行は意外に高い?知って得する国内旅行情報 All Rights Reserved.